生理痛の緩和方法 > 肉体疲労からくる生理痛に効くツボ

肉体疲労からくる生理痛に効くツボ

生理痛の緩和方法として鎮痛剤の利用がありますが、薬を頼りたくない人は「ツボ」を刺激してみてはどうでしょうか。

ツボとは東洋医学で「気」が通りやすい場所を指しています。

東洋医学では気の流れが滞ると身体にさまざまな障害が出てくると考えられ、ツボを刺激して気の流れを良くすることで症状を改善していきます。

生理痛は人それぞれ個人差があります。

生理痛の種類によって効果のあるツボも変わってきます。

仕事や運動など無理してがんばって肉体的に疲れている時は、身体に熱がこもった状態になります。

この状態が続くと、気の「熱」の部分が強いために冷やす力が弱まりホルモンバランスが乱れ、血液の循環が悪くなって生理痛が起きます。

このような生理痛には、身体の中の気を冷ます効果のある「腎喩(じんゆ)」「照海(しょうかい)」「関元(かんげん)」「足三里(あしさんり)」といったツボを刺激することで生理痛を緩和していきます。

腎喩は、腰を曲げた時に盛り上がる2つの骨を横で結んで背骨と交わった部分から関節2つ分上がった位置にあります。

ここを親指で押し上げるように優しく刺激します。

照海は、足の内側のくるぶしから約指1本分下がった位置にあります。
押すと少し痛みを感じる場所です。
ここを親指でくるぶしの骨の方向に押します。
関元は、おへそから約指4本分下がった位置にあります。
刺激する前に、蒸しタオルなどでお腹を温めてあげましょう。
4本の指で優しくゆっくりとマッサージするように押します。
内臓がある場所なので強すぎないように気をつけてください。
足の骨をなぞるように触っていくと、ひざ下に少し骨が出ているところがあります。
そこから外側1つ目の筋肉の端が足三里です。
その筋肉を親指で引っかけるようにして刺激します。