生理痛の緩和方法 > 生理不順に効果のあるツボ

生理不順に効果のあるツボ

生理痛を緩和するには、まず生理不順を改善していかなければなりません。

生理不順は、ホルモンバランスが乱れて子宮の発育が遅れていることが原因だと考えられています。

生理不順を治すには、「ツボ」の刺激が効果があると言われています。

ツボとは東洋医学で「気」が通りやすい場所を指しています。

東洋医学では気の流れが滞ると身体にさまざまな障害が出てくると考えられ、ツボを刺激して気の流れを良くすることで症状を改善していきます。

ツボは全身に365ヶ所存在すると言われています。

その中でも生理不順に効果のあるツボをご紹介します。

「次りょう(じりょう)」は、骨盤の血流を良くして子宮や卵巣の働きを活性化します。

背骨の真下に平らな形の仙骨があり、左右に2つ対になってくぼみができています。

くぼみは全部で8つあり、上から2番目が次りょうです。

仰向けに寝転んで、お尻の下にげんこつを置いて身体の重みで刺激します。

ゴルフボールなどで代用してもいいでしょう。

「大巨(たいこ)」生理不順の他にも便秘や胃腸の働きを活性化する効果があります。

おへそから約指2本半分左右に外側、そこから約指2本半分下がった位置にあります。
両手の親指でもむように刺激します。
左右順番に行いましょう。

「中極(ちゅうきょく)」は泌尿器のツボで、生理不順の改善や生理痛に伴う腹痛、頭痛、肩こり、腰痛などの症状を緩和します。
おへそから恥骨の一番上までの距離
を5等分して恥骨から5分の1上がった位置にあります。
手のひらで温めながらマッサージするように刺激します。
中極を冷やさないようにすると、膀胱炎の予防にもつながります。