生理痛の緩和方法 > 生理痛と血海

生理痛と血海

生理痛は人それぞれ個人差があり原因もさまざまですが、大きな原因の一つに血行不良が挙げられます。

血行が悪いと、子宮内に経血がとどまり生理痛を引き起こしてしまいます。

血行不良による生理痛はほとんどの人に起きていて、ただ痛みが治まるまで我慢している人が多いようです。

生理痛の緩和方法として鎮痛剤の利用がありますが、薬を頼りたくない人は「ツボ」を刺激してみてはどうでしょうか。

ツボとは東洋医学で「気」が通りやすい場所を指しています。

東洋医学では気の流れが滞ると身体にさまざまな障害が出てくると考えられ、ツボを刺激して気の流れを良くすることで症状を改善していきます。

いくつかある生理痛に効果のあるツボの一つに、血海(けっかい)というツボがあります。

血海は、生殖器の血行を良くしてホルモンバランスを整えるツボです。

血海を刺激することによって、生理痛の緩和や生理不順の改善などの効果が得られます。

血海は、ひざの皿の内側から約指3本分上がった位置にあります。

刺激すると痛いような気持ちいいような感覚のある場所です。

片ひざを立てて座り、足と反対の手でひざ頭を包み込み親指で優しくゆっくりと刺激してみましょう。

生理痛のツボは、優しくゆっくりと刺激することがポイントなので、あまり強く押し過ぎないように気をつけましょう。
ツボを刺激する時は、息を吐きながら親指で3~5秒間を繰り返して行います。
ツボを刺激する時の基本は指で押すことですが、お灸などを使ってみてもいいと思います。
お風呂の後など身体が温まっている時にツボを刺激してあげると、より効果があります。
毎日コツコツと続けることが大切です。