生理痛の緩和方法 > 生理痛の吐き気と胸の張り

生理痛の吐き気と胸の張り

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。
生理痛の症状は人それぞれ個人差がありますが、中には吐き気をもよおす人もいるようです。
生理痛で吐き気をもよおす原因は、まだはっきりと解明されていません。
子宮内膜症である場合が多いとも言われています。
ひどい吐き気を緩和するためには、普段から生理痛が起きないように予防する事が大切です。
生理痛は、血液の流れが悪いために起こります。
定期的に運動して身体を動かし、血行促進を心がけましょう。
また、ぬるめのお風呂でリラックスするのもお勧めです。
血行促進作用のある漢方薬などもいいでしょう。
漢方薬が効いてくるのに時間がかかるとは思いますが、体質自体を改善して生理痛の緩和していきます。

生理痛の症状に胸の張りがあります。
生理の前や生理中に胸が張るという経験をしている人は多いと思います。
中には、胸が強く張るためにどうしようもない痛みに苦しんでいる人もいるようです。
生理の時に胸が張るのは、黄体ホルモンが原因です。
女性の身体は排卵後に黄体ホルモンを分泌して妊娠の準備をしますが、胸の張りもその準備をしているのです。
自然のしくみでそうなっているので、胸の張りを防ぐことは難しいといえます。
しかし、女性ホルモンを補うことで生理痛の症状は緩和されるそうです。
女性ホルモンを補う方法としては、大豆製品の摂取があります。
大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてホルモンバランスを整えます。
日頃から豆腐や豆乳など食事に取り入れておくといいと思います。