生理痛の緩和方法 > 生理痛を緩和する栄養成分

生理痛を緩和する栄養成分

ひどい生理痛のために、心身ともに辛くて生活に影響が出てしまう場合があります。

そんな時は、少しでも生理痛を緩和して楽な生活がしたいと思いませんか?

普段から食事に気をつけることで生理痛を緩和することができます。

生理痛を緩和する効果のある栄養成分には、次のようなものがあります。

「DHA・EPA」
これらの成分は、青魚に多く含まれています。

血液をサラサラにする作用があり、生理痛の他にウツにも効果があると言われています。

生理痛の原因でもあるプロスタグランジンを作る酵素の働きを抑える作用があり、毎日900mg摂るといいそうです。

「ビタミンB6」
レバーやマグロやカツオ、サンマ、サバなどの魚に多く含まれています。

頭痛や腹痛など、ホルモンバランスの乱れから起こる不快な症状を緩和する効果があります。

「ビタミンE」
ゴマやナッツ類、カボチャ、アボカド、うなぎなどに多く含まれています。

その中でも、ゴマはカルシウムや鉄分、マグネシウムなどミネラルが豊富でぜひ摂取したい食品です。

「鉄分」
ほうれん草やひじき、高野豆腐などに多く含まれています。

生理中は貧血になりやすいので、鉄分を多く含む食品の摂取に心がけましょう。

「身体を温める成分」
玉ねぎやにんにくに含まれているアリシンやしょうがに含まれるジンゲロールなどは、血液の循環を促進して身体を温める働きをします。

身体を冷えから守り温めることで生理痛は緩和されます。
身体を冷やさないように積極的に摂りたい成分です。

これらの必要な栄養成分をバランスよく摂取して、辛い生理痛を緩和していきましょう。