生理痛の緩和方法 > 冷え性の改善

冷え性の改善

生理痛の症状の一つに冷え性があります。

冷え性は、身体の中の血流が悪化して起こります。

冷えで血流が悪化すると、血液と一緒に運ばれている酸素や栄養分が全身にまわらなくなり、子宮や卵巣などの働きが悪くなります。

そうなると、子宮内膜の中でプロスタグランジンという物質が必要以上に分泌され、子宮の収縮が大きくなり生理痛を引き起こします。

生理痛を緩和するためには、冷え性を改善していかなければなりません。

冷え性の原因は、運動不足、ダイエット、偏食、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、低血圧、貧血などです。

冷えは女性にとって大敵です。

下半身が冷えてしまうと、骨盤内でうっ血して血流が悪化して生理痛が起きます。

日頃から身体が冷えないように工夫することが、生理痛の緩和につながります。

生理の前や生理中は薄着を避け、保温性の良い下着やソックスを履いたり、ひざ掛けを利用したり、温湿布やカイロをお腹や腰にあてたりして下半身を冷やさないようにしましょう。

ぬるめのお風呂にゆっくりとつかって温まるのも効果的です。

足のマッサージやストレッチなども、血流が促進されていいでしょう。

また、長時間同じ姿勢でいたり、座り続けていたりすると骨盤内でうっ血しますので、一時間に一回は伸びをして身体をほぐしてください。
食事にも気をつけ、身体の温める作用のある食品を積極的に摂るようにしましょう。
身体を温める食品とは、にんじん、ごぼう、れんこん、山いも、ネギ、しょうが、にんにく、こんにゃく、味噌、豚肉、鶏肉、ソーセージ、ハム、チーズ、卵、赤みの魚、貝などです。
逆に、身体を冷やす作用のある食品は控えます。
身体を冷やす食品とは、トマト、ピーマン、ナス、ジャガイモ、トロピカルフルーツ、砂糖、食品添加物、合成甘味料、精製油、インスタントコーヒーなどです。