生理痛の緩和方法 > 生理痛の予防

生理痛の予防

生理痛とずっとつき合っていかなければならないと思うと、うんざりしてしまっている人もいるでしょう。

辛い生理痛を仕方がないとそのままにしてはいませんか?

生理痛を緩和するためのいろいろな予防法があります。

「冷えから予防する」
冷えは、血行を悪化させ身体にさまざまな症状を引き起こします。

もともと女性の身体は冷えに弱くできており、冷えは女性にとって大敵です。

近年、季節を問わず女性は薄着傾向にあります。

薄着や夏の冷房などで身体が冷えて血行が悪くなると、生理痛がひどくなります。

また、生理前や生理中は便秘や下痢のほかに膀胱炎などの病気にもかかりやすくなっていますので、身体を冷やさないように気をつけましょう。

冷房のかかった部屋にいる時には、ひざ掛けを使うなどすると下半身を冷えから守ってくれるでしょう。

生理の時だけでなく、日頃から冷えからの予防に心がけましょう。

「食事で予防する」
女性の身体は、生理の前や生理中には水分や脂肪分をためやすい状態になります。

そのため、この時期にダイエットをしても効果がありません。
また、生理前に食欲旺盛になる人も多いようです。
そのほかにも、吹き出ものができてお肌にトラブルが出たり、便秘や下痢になったりする人もいます。
生理の時は、葉野菜、豆類、穀類などを積極的に摂るように心がけ、脂肪分の多い食事は避けましょう。
コーヒーや紅茶、チョコレートなどのカフェインを多く含んでいるものの摂取は控えるようにします。
むくみを起こしやすい水分や塩分なども摂らない方がいいでしょう。
特に生理前には、冷たい飲み物、生野菜、果物などは身体を冷やさないようにして、生理痛が緩和できるように予防しましょう。