生理痛の緩和方法 > 生理のしくみと生理痛

生理のしくみと生理痛

生理(月経)は、女性のみが経験することです。

「生理とは何か?」「どうして生理痛が起きるのか?」など考えたことがあるのではないでしょうか。

生理痛に悩まされている女性は少なくないと思います。

女性の身体は、女性ホルモンの影響を25~38日で1サイクルのリズムで受け、毎月生理を迎えます。

毎月、子宮内膜を赤ちゃんを迎えるベッドとしてフカフカにして準備するわけですが、妊娠が成立しないとその子宮内膜がはがれ落ちて血液と一緒に体外に排出されます。

これが生理です。

生理痛は人それぞれ個人差があり、日常生活に影響が出るほどの重い症状の人もいます。

また、子宮や卵巣の病気が原因で生理痛を引き起こしている場合もあります。

辛い生理痛を緩和するには、まず生理のしくみや生理痛について知っておく必要があります。

生理と生理痛についてよく理解した上で、どんな緩和方法があるのかを考えていきましょう。

「卵胞期」
生理開始日から排卵日までの間のことです。
卵巣の中で生理開始日には5ミリほどだった卵胞が成熟していきます。
卵胞ホルモンであるエストロゲンがたくさん分泌され、お肌の調子も良く体調も安定しています。
「排卵」
卵胞が20ミリ前後に成熟すると排卵が起こります。
卵胞壁が破れて卵子が飛び出します。
「黄体期」
排卵後、ぬけがらの卵胞は黄体になり卵巣内に吸収されます。
子宮内膜はぶ厚くなり妊娠を待っている状態に入ります。
心身ともに敏感になる時期でもあります。
「生理」
妊娠しなかった場合に、子宮内膜がはがれて血液と一緒に体外に排出されます。

生理痛は、はがれ落ちた内膜や血液を体外に押し出そうとして子宮が収縮する時に起きる痛みです。
生理前から生理痛が起きる事もあり、これを「月経前症候群(PMS)といいます。