生理痛の緩和方法 > 生理痛を緩和する薬

生理痛を緩和する薬

生理痛はいくつかに分類されますが、痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ばれています。

月経困難症は、子宮内膜症などの子宮の病気が原因である「器質性月経困難症」とプロスタグランジンという物質の過剰分泌が原因である「機能性月経困難症」の2種類に分類されます。

月経困難症の緩和には薬が用いられることがありますが、原因となる病気を治療する薬と痛みを緩和する鎮痛剤があります。

月経困難症の緩和に使用するホルモン剤には、「低用量ピル」「ダナゾール製剤」「GnRHアゴニスト製剤」などがあります。

低用量ピルは、子宮内膜の増殖を抑える薬です。

生理痛の原因であるプロスタグランジンは増殖した子宮内膜の中に含まれるので、この薬により出血量も減り痛みも緩和されます。

ダナゾール製剤は、男性ホルモンと同じような働きを持つ薬です。

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を抑えて、排卵させないようにします。

GnRHアゴニスト製剤は、エストロゲンの分泌を抑えて生理を止めることのできる薬です。

偽閉経の状態にすることで子宮内膜の増殖を抑えます。

鎮痛剤は、プロスタグランジンの生成を抑える働きがあります。

生理痛が起こる前に服用するとより効果が得られます。

用法と用量を必ず守り、胃の粘膜を荒らさないように空腹時の服用は避けてください。

病院でも漢方薬を処方してくれる場合があります。
この場合に使われる漢方薬は、生理痛、冷え性、貧血、イライラに効果のあるもので体質から改善していきます。