生理痛の緩和方法 > 生理痛と運動

生理痛と運動

生理痛は人それぞれで個人差がありますが、生理痛の原因もさまざまです。

骨盤がずれていることによって、生理痛を引き起こしている場合もあります。

骨盤がゆがむといろいろな障害が起こりますが、生理痛もその一つといえます。

骨盤をゆがんでいるかどうかは、自分でチェックすることができます。

まず、仰向けに寝て足を肩幅に開きます。

骨盤の一番高い位置から床までの高さを測り、左右同じでない場合低い方の骨盤がゆがんでいるということになります。

また、まっすぐに立った時に肩の高さが違っていたり、足の長さが違っていたり、ネックレスがいつも同じ方向にずれたりする場合も、骨盤がゆがんでいます。

骨盤のゆがみが原因で生理痛が起きている場合、骨盤を矯正する体操を行うことで痛みが緩和されることもありますので、一度試してみるといいでしょう。

自宅でできる簡単な骨盤矯正体操をご紹介します。

「腰回し運動」
骨盤ベルトや骨盤ゴムチューブなどを骨盤に巻いて行う運動です。

骨盤の位置は、ふとももが一番出ている場所です。

ベルトやチューブを骨盤に巻いたら、足を肩幅に開いて腰を左右に回します。

頭を動かさずに行うのがポイントです。

左右各10回を1日に20~40セット行います。

「骨盤矯正体操」
両足を前に出して座り、足を少し開きます。
片方の手を後ろについて、ゆっくり息を吐きながら身体を同じ方にひねっていき、もう一方の手をついている手に重ねます。
骨盤のゆがみが右側の場合は左向きに、左側の場合は右向きで行います。
ゆがみがどちらかわからない場合は、やりにくい方向で行いましょう。

どちらの体操も無理をせずに、自分のペースで回数を決めて行うようにします。
骨盤のゆがみを治して生理痛の緩和を目指しましょう。