生理痛の緩和方法 > 生理痛を緩和する体操

生理痛を緩和する体操

生理痛を緩和する方法はいろいろありますが、体操で生理痛を緩和することができます。

生理中は、生理痛の辛さから普段以上に運動を避けてしまうのではないでしょうか。

しかし、身体をほぐしてくれる体操は血行が良くなり生理痛が緩和されるのです。

全身運動が辛い場合は、ストレッチを短時間行っていもいいでしょう。

生理痛を緩和する効果のある体操をご紹介します。

「骨盤回し体操」
骨盤の血液の循環を良くして生理痛を緩和する体操です。

1.両足を肩幅に開いて立ちます。

2.腰に手をあてて腰を回します。

「前屈体操」
生殖器の機能を活性化して生理痛を緩和する体操です。

1.床に座り両方の足の裏を合わせます。

2.ひざに手をのせてそのまま前屈します。

「屈伸体操」
体重を支えている足をほぐして生理痛を緩和する体操です。

1.仰向けになります。

2.両膝を持ち上げるようにして胸に近づけていき、元に戻します。

「骨盤矯正体操」
骨盤がずれていて生理痛を引き起こしている場合があります。

骨盤がゆがみからさまざまな障害が生じます。

骨盤のゆがみは自分で確認することができます。

まず、仰向けに寝転んで足を肩幅に開き、骨盤の一番位置から床までの距離を調べます。
左右同じならば正常ですが、同じでない場合は低い方に骨盤がゆがんでいます。
他にも、足の長さが違ったり、まっすぐに立つと肩の高さが左右違ったり、ネックレスがいつも同じ方向にずれたりしている場合は、骨盤がゆがんでいるサインです。
骨盤矯正体操は、ゆがみが右側の場合は左向きに、左側の場合は右向きで行います。
1.両足を前に出して座り、足を少し開きます。
2.片方の手を後ろについて、ゆっくり息を吐きながら身体を同じ方にひねっていき、もう一方の手をついている手に重ねます。

どれも自宅でできる簡単な体操ですので、ぜひお試しください。
無理をせずに、自分のペースでゆっくりと繰り返し行うことがポイントです。