生理痛の緩和方法 > 生理痛の原因と緩和

生理痛の原因と緩和

生理痛の原因はさまざまです。

出産の経験のない若い女性の生理痛は、子宮頚管が出産の経験がないために硬くて細いことが原因です。

このような状態だと、生理時に血液がスムーズに体外に出ていかないため生理痛が起こります。

ホルモンバランスが乱れている場合にも、子宮収縮が強く起こり痛みが生じることがあります。

子宮内膜症、子宮筋腫、下垂体腫瘍などの病気が原因も生理痛もありますし、ストレス、不規則な生活、環境の変化、肥満、過度なダイエット、運動不足などが生理痛に影響している場合もあります。

生理痛を緩和するためには、まず日常生活を改善していきましょう。

食べ物は、葉野菜、豆類、穀類などを積極的に摂るように心がけます。

また、コーヒーや紅茶、チョコレートなどのカフェインを多く含んでいるものの摂取は控えるようにしましょう。

むくみを起こしやすい水分や塩分なども摂らない方がいいでしょう。

特に生理前には、冷たい飲み物、生野菜、果物などは控え身体を冷やさないようにします。

よくある生理痛の症状には、下腹部痛、お腹の張り、乳房の張り、頭痛、肩こり、むくみ、冷え、便秘、肌荒れ、にきび、イライラ、怒りっぽい、集中力の低下、気力の低下、憂鬱、不安、不眠などがあります。

これらは、女性ホルモンのバランスが乱れているために起こります。

ホルモンバランスを保つのに最適な食べ物が大豆やアーモンド、プルーンです。

大豆にはイソフラボンが多く含まれており、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてホルモンバランスを整えます。
アーモンドにはビタミンEがたくさん含まれており、ホルモンの分泌や血行促進に働きかけ血行不良が原因の生理痛の緩和に効果があります。
プルーンには、生理中に不足しがちな血液を補う鉄分が多く含まれています。