生理痛の緩和方法 > 冷えからの予防

冷えからの予防

生理日が近づいてくると、「今月も辛い一週間がやってくる」と身構えている人も多いのではないでしょうか。

辛い生理痛を緩和するために、なにか工夫していることはありますか?

日常生活に少し気をつけるだけで、生理痛を緩和することができます。

女性にとって大敵なのが冷えです。

冷えは、生理痛を引き起こす原因にもなっています。

冷えから予防するためには、身体を温めて冷やさないようにすることが一番です。

身体を温める方法をご紹介します。

「カイロ」
お腹や腰を使い捨てカイロで温めます。

カイロの温熱作用で血液循環が改善されるので生理痛が緩和されます。

「足浴・半身浴」
足浴や半身浴は、下半身の血液循環を良くするので生理痛には効果があります。

足浴の場合は、洗面器にお湯を入れてくるぶしまでつかります。

お湯の温度は41~42℃で、15~20分ほど行います。

半身浴は、湯船にみぞおちくらいまでつかります。

自分に心地の良い温度で15~20分行います。

足浴も半身浴も、額に汗が出てくるまで温まるといいでしょう。

冷えの予防には運動も効果的です。
「腰回し運動」がお勧めです。
骨盤ベルトや骨盤ゴムチューブなどを骨盤に巻いて行う運動です。
骨盤の位置は、ふとももが一番出ている場所です。
ベルトやチューブを骨盤に巻いたら、足を肩幅に開いて腰を左右に回します。
頭を動かさずに行うのがポイントです。
左右各10回を1日に20~40セット行います。
骨盤を緩めることで骨盤の血行を改善し、うっ血を取り除いてくれます。