生理痛の緩和方法 > 重い生理痛に効くツボ

重い生理痛に効くツボ

生理痛の緩和方法として鎮痛剤の利用がありますが、薬を頼りたくない人は「ツボ」を刺激してみてはどうでしょうか。

ツボとは東洋医学で「気」が通りやすい場所を指しています。

東洋医学では気の流れが滞ると身体にさまざまな障害が出てくると考えられ、ツボを刺激して気の流れを良くすることで症状を改善していきます。

生理痛は人それぞれ個人差があります。

生理痛の種類によって効果のあるツボも変わってきます。

下腹部が張ってひどく痛む生理痛の場合は身体のどこかに傷ついた熱がたまっている証拠ですので、気の流れを改善することで生理痛を緩和していきます。

このような生理痛には、「三陰交(さんいんこう)」「血海(けっかい)」「天枢(てんすう)」「気海(きうみ)」「大腸喩(だいちょうゆ)といったツボを刺激していきます。

ただし、「三陰交(さんいんこう」と「血海(けっかい)」については、どちらかのツボを押してみて痛い方が刺激すべきツボになります。

三陰交は、足の内側のくるぶしの一番高い位置から、約指4本分上がった骨の後ろ側にあります。

片ひざを立てて座り足と反対の手の親指で強めに刺激します。

血海は、生殖器の血行を良くしてホルモンバランスを整え生理痛を緩和するツボです。

ひざの皿の内側から約指3本分上がった位置にあります。

刺激すると痛いような気持ちいいような感覚のある場所です。

三陰交と同じように、片ひざを立てて座り足と反対の手でひざ頭を包み込み親指で優しくゆっくりと刺激します。

天枢は、おへそから約指4本分外側、そこから約指1本分下がった位置にあります。

4本の指で優しくゆっくりとマッサージするように押します。
気海は、おへそから約指2本分下がった位置にあります。
天枢と同じように、4本の指で優しくゆっくりとマッサージするように押します。
大腸喩は、腰を曲げた時に盛り上がる2つの骨を横で結んで背骨と交わった位置にあります。
両側から背骨に向かって親指で優しく刺激します。