生理痛の緩和方法 > 鎮痛剤の飲み方

鎮痛剤の飲み方

生理痛を緩和する方法として鎮痛剤の服用がありますが、鎮痛剤を飲んでしまうと癖になってしまうからと辛い生理痛を我慢している人は意外と多いのではないでしょうか。

しかし、身体にとっては痛みを我慢するよりも鎮痛剤を服用した方がいいのです。

精神面においても、鎮痛剤で生理痛を緩和した方が気が晴れるでしょう。

服用するのは生理の時だけですので、癖になることもないと思います。

鎮痛剤にはさまざまな成分がありますが、生理痛にお勧めは成分が子宮まで行き届く「イブプロフェン製剤」です。

ただし、鎮痛剤は痛みが我慢できなくなってから飲む薬ではありません。

そもそも痛みとは、痛みの物質が身体の中にできることによって感じます。

鎮痛剤には、身体の中で痛みの物質を作らないようにする働きがあります。

したがって、鎮痛剤は痛みが起きる前に服用しなければならないということになります。

痛みが起きてから飲むのでは、せっかくの効果が半減してしまいます。

鎮痛剤を飲んでも痛みが緩和されないという人がいると思いますが、このように痛みがきてから飲んでいるという可能性があります。
一番効果的な飲み方は、痛みが起きそうだと思ったタイミングで飲むことです。
生理痛の場合は、毎月つき合っていくものですので、いつ自分に痛みがくるかはわかると思います。
鎮痛剤を上手に使って、辛い生理痛を緩和していきましょう。