生理痛の緩和方法 > 生理痛を緩和するために

生理痛を緩和するために

生理(月経)とは、女性のみに起きる現象です。

そして、ほとんどの女性が生理痛を経験していると思います。

生理日が近づいてくると、「今月も辛い一週間がやってくる」と身構えている人も多いのではないでしょうか。

辛い生理痛を緩和するために、なにか工夫していることはありますか?

鎮痛剤の服用を始めるとやめられなくなるからと我慢している人、生理中の少しの間だけだからと我慢している人もいると思います。

自分でできる生理痛を緩和する方法があります。

生理痛を緩和するのに一番大切なことは、生理痛を気にしないことです。

生理痛が辛くてそのことばかり考えてしまうと痛みばかりが気になってしまいますので、生理痛を忘れられるような集中できる趣味を一つ持ってみるといいでしょう。

また、鎮痛剤に頼ってしまってもいいと思います。

鎮痛剤を飲むと手放せなくなるとよく聞きますが、鎮痛剤が必要なのは生理の間の数日間だけです。

少しの間ですが、生理は閉経まで毎月続くものですし我慢しないで鎮痛剤を飲んでみてはどうでしょうか。

生理痛で一番の大敵は冷えです。

生理中は身体を冷やさないように気をつけましょう。

薄着を控え、お腹や腰を冷やさないようにします。

お湯を入れた水枕でお腹を温めてあげるといいと思います。

腰には温湿布がお勧めです。

お風呂で身体全体を温めてみるのも効果があります。
腰痛対策には、腰の下にタオルを入れて寝転んでみると腰がよく伸びて痛みが緩和されます。
食生活では、ナッツ類やチョコレートなどは生理痛がひどくなりますのでなるべく食べないようにし、大豆製品を多く摂るようにしましょう。